2010年02月14日

GOLDEN2ってスパイラル入れ難くない?

と、GOLDEN2仲間のKさんが聞いてきた。

……デショ?

オイラも散々それに泣かされたですよ。

去年末にたどり着いた結論と打開策辺りを説明したけど、
PC受講してないKさんには短時間の口頭説明じゃ伝わらず、
当然ながら「やってみせて」のリクエスト。
うーん「去年末によーやく打開策見出した」段階なんで、
まだオイラも練習中なんだけど。

つ事で次の一本
クライムターン→アクセルターン→360°バンク維持
を0.5-1-0.5のぷちスパイラル形式で。
前回、片翼ピッチングのつもりでやったら全然ダメだった
導入のクライムターンの最後を、PCのローリングの要領で
グッと機首下向けてからフルリリースする様にしたら、
良い感じに加速してすんなりアクセルターンに入れた。
そのまま一周維持して、半周で抜けてLD向けて終了。
導入から20秒強で50mちょいの沈下、MAX3.7m/s。
高度に余裕のない第2からのぶっ飛びでオイラの技量じゃ
こんなもんじゃろ。
Kさんは「-5m/sなんてとてもじゃない」との発言から
去年のオイラ状態(=横滑り急旋回)だと思われるので
この程度で十分参考にはなるかと。

……って降りたらKさんいねぇ(;´Д`)
まーいい練習&確認になったからいいけどね(;´・ω・`)
ローリングやらピッチングやらの「余分な準備動作」を
伴わないアクセルターンへの導入を確立出来たのは大きい。


朝から色々バタバタした割に3本飛べて収穫多し。
三ヶ日は大分長く飛べるようになってきたねぇ。

フライト詳細

午後曇り予報のせいか珍しく動きの早い三ヶ日。
10時前にショップに着くとT君はもう1本、
調整明けのICEPEAKのテストフライト済み。

急いで上がろうとするけど今一巧く回らない。
いきなりスクール車のバッテリー上がってるわ
第2から出ようとしたら先行ほぼみんな撃沈して
第1に逃げたら目の前でスタ沈事故発生するわ。
……昨日鍋で使い忘れたシーフードミックスの呪いか?

1本目はサーマルで上げ切れずしばらくモゾモゾ。

2本目はリッジで一瞬粘っただけで渋くなって撃沈。

渋々のため早めの時間から新人2人が初フライト。
2人ともナイスラン。そのまま2本目行くってんで
サポートがてら3本目にあがる。

モノラック待たされてる間に風終わりそうだったんで
第2から飛ぶ事に。新人さんは下から撮影してあげよう。


3本目、ほぼ無風の中、ぶっ飛びで課題を。

緩いピッチング→ローリングであんま高度落とさず前に出て、
↑前述のKさん要望のハイバンク実演。
深さも速さも狙い通りにピシッと決まって恐怖感皆無。
操作量も小さいので維持も楽々。
でも見てたRGさんが「その低さでスパイラルやる気か?」と
心配したそーだから、お得意(?)の横滑り急旋回にはならず
ちゃんとバンクは掛かってた模様。


最後は、T君2号発案のアキュラシー。
またしても最後無理にターゲットを踏もうとし過ぎて、
どうにか踏んだけど両足&ハーネスで接地。
だから0cmアンセフティより5mセフティの方が
ン万倍偉いと何度言えば orz
posted by ABS at 00:00| 静岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | パラグライダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
スパイラルに入れ難い機体でどうしてもスパイラルに入れたいんなら

旋回を非対称にして旋回途中にピッチ方向の動きを加えて加速させんだよ
そんでもってその速度を使ってもっと加速させて遠心力を増やして機体を下向きに固定すると逝けます。

ただし気をつけないと固まるから気をつけてね!

参考になるか?
Posted by 近所のおっさん at 2010年03月13日 12:59
今まさに、緩旋回からハイバンクへの移行で悪戦苦闘してるので、
大いに参考になります。
一気に導入やピッチング/ローリングからの導入は割と安定したんですけど。

Posted by ABS at 2010年03月16日 12:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142779404
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。