2006年02月25日

エキシビジョン


エドウィン・ マートン大暴れヽ(´ー`)ノ
ペア&プルん時はともかくグランドフィナーレにまで
出てくれるとは思いもしなかったよ。
払いは誰持ち? とか要らん事考えちまった。

プルとのセッションは凄かった。
元々エドウィン・マートンの演奏で滑ってる訳で、
TVで見てる限りじゃ本人の姿が見える以外
大差ない筈なのに、そんな理屈を吹き飛ばす迫力。
特にステップの所の火花散る技術合戦は圧巻。
ショート・フリーで点を出す為・勝つ為に抑えてた物を
全て爆発させた様な滑り。

フリーでの荒川のイナバウアー・安藤の4回転挑戦、
そしてこのプルのエキシ見て、採点方式の見直しを
検討しないならISUは朴念仁とバカの集まりだな。

他にも、涙無しには見られないスルツカヤの
「So many things」(反則。見てて金を獲らせて
あげたかったと思ってる自分に驚いた)、
荒川の「フリーより長めに反ってます」イナバウアー、
嫌な火花散らすフーザルポリ・マルガリオ、その他諸々
見所満載なエキシビジョンでしたわー。

posted by ABS at 16:31| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13862657

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。