2009年10月19日

初朝霧

平日の休みで冬型だったので今シーズン初の朝霧遠征。

雲底基本1500mの中、1600mに上がった隙を突いて、
同行の赤黄FACTORsは天子往復。
赤FACTORのポッドなNewハーネスは快調な様子。

赤FACTOR新ハーネス

オイラは前山磨き2本 orz
1200mは何度か超えたんだけどな(´・ω・`)
ひたすら左旋回してたせいでワキ腹は攣るわ
左手の小指はしびれるわ。
前山はとっとと抜け出さないと身体に悪い orz

詳細


前山抜けれない原因はTOの後ろ行く度胸ないのが一つで
まーそれは徐々に慣れるとして(今回も去年よりは頑張った)
最近気になってた「純粋にセンタリングが下手」な点を
同行者組にズバリ指摘された。
具体的には「バンク維持が出来てない、特にロールインの
オツリの処理がなってない」と。

……導入っからダメなんじゃん(;´Д`)
バンク維持が出来ずに終わった去年のPCから成長無しか orz
うーん、体重移動でのローリングからやり直すか。


まあ2時間前山磨いてブレークやNewバリオの確認は十分出来た。
Newバリオはやっぱり渋めで粘るにはかなり効果ありそう。
ウルセーのも「やっぱり」だけどな(;´Д`)

でもってバリオ用に自作した外付けGPSユニットの挙動が怪しい。
ログをダウンロードすると、概ねちゃんと取れてるんだけど、
たまーに西富士や田貫湖に時速100km/hとかで突き進んでる。
……行ッテネーシ。自作のGPSに皮肉られるとは orz

自宅(木造屋内)でPCに直結して動作確認してみると、
30〜50mくらいの範囲で結構動き回ってる。
いかにも計測誤差な「ランダムテレポート」じゃなくて、
連続的・直線的に這い回る感じ。
一瞬精度が落ちたりするとモゾモゾある方向に移動して
その後ジワジワ戻ってくる。
その間にホットスタート掛けるとスパッと本来の位置に復帰。
どーも見た感じ、単純に過去数十秒の値を使って
中途半端にフィルタリングしてるみたい。
測位精度や捕捉衛星数による重み付けとかしてないのか?
静止しててこれなら、飛んでて同じ現象が起きれば
↑みたいな事(田貫湖100km/h特攻)になるかもしらん。
燃費以外の性能面では評価の高いGT-720Fなんだけどなぁ。

まあ逆に言えば精度を低下させなければ問題ない訳で
精度が低下した原因を究明・解消してやるのが吉か。
横倒し設置が問題なのか、周囲の機器の干渉受けてるのか。
信号・電源とも市販のケーブル使える用に作ってあるし、
長いケーブル使って設置場所を変えてみるかなぁ?
……フットバーの先とかヽ(´Д`)ノ


posted by ABS at 00:00| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パラグライダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。