2009年10月17日

イマドキバリオ

先日、6005とのレスポンス比較実験を行った結果
4005の遅さとムラっ気にバリオの買い替えを決意。
ケツバリオ&サーマルイメージの精度低いオイラの場合
バリオのレスポンスはそのままソアリング(特に渋め)の
精度に直結するのです(´・ω・`)

関係なし


とはいえ今更6005に買い換えるってのは何か悔しい。
せっかくだから俺は今時の高機能バリオを買うぜっっっ(謎

……って事で↓辺りを検討。

■Competino+ or 6020
■FLYMASTER B1
■XCTrainer系
■DIGIFLY系

それぞれオーナー様に触らせてもらったり(多謝)、
マニュアルダウンロードして調べたりした結果、
DIGIFLYのGPS連動機能付きバリオ、

CARTESIO PLUS

を発注。
……したらその週の内に納品しますた。
こんな中途半端な隙間アイテム(失礼)在庫置いてるのか?
さすが「OZONE機2週間で速攻お届け」のFALHAWK。

CARTESIO一式

手作り感あふれるプリンタ出力なマニュアルが素敵。
つかこれPDFでサイトに上げてくれんかなぁ。
なお、みかんはキットに含まれません。


ちなみに決断材料は

1.ほどほどな価格でまともなナビ機能
2.爆速で安定したレスポンス
3.シンプルで直感的なソアリング支援

つか1の時点で他に選択肢なかった orz

FLYMASTER B1はGPS無しのソアリング専用機。
GPS付で唯一\100k以下(\70k-)のXC-Trainer EASYは
パイロンが3つだかしか設定できない等、超機能限定。
それ以外のGPS付は基本\130k+。
ほぼ機能固まったソフトウェアに過ぎないナビ機能だけで
+\60kっておかしいと感じるのはオイラだけ?
まー3割値下げしたら倍売れる、ってー商品じゃないから
高機能モデルにがっつり乗せるのは分かるけどさ。


CARTESIO PLUSはGPS積んでない分「上乗せ」がなく、
オイラ的には手持ちのGARMIN(60CSx/SUMMIT)繋げるし
秋月のGPSモジュール(\3k)で工作する手もあるので
とってもリーズナブル。
地味に高い接続ケーブル類も自作すればいいし。
手持ち機材&自作する技術(つーより気力)前提の
リーズナブルさって相当に微妙だけど。


2のレスポンスはショップのARCHIMEDE(同社ベース機種)で
試させてもらったんだけど、反応は6005以上に速い感じで、
何より良いのが何度試しても同じタイミングで鳴る事。
4005だと遅かったり割と速かったりで、かなーり
不安定だったのよね。正直「常に遅い」より悪い。


3はバリオ画面に上昇率の推移のグラフが出せるのと、
グライドプロット(軌跡)画面に最終サーマル位置、
コンパス画面に最終サーマル方位が表示される、の2点。
XC Trainerやパラナビほど親切な感じじゃないけど、
上昇率の変化に応じて旋回の緩急コントロールする
カ○ヤン法にはジャストフィットぽい。
欲を言えばせっかくGPSの情報あるんだから
上昇率の推移のグラフの横軸に出来れば風向か
せめて方位を出してほしいなぁ。


今の時点で分かってるネガ要素は

■サイズ

上位機種と同筐体なので、GPSやらバッテリーやらが
収まるスペースの分、無駄に厚い。
まあ(せっかくの3年保証をスッパリをあきらめれば)
GPSや電源ねじ込むスペースが確保されてるとも言える。


■電池交換が厄介

裏ブタが、フタに埋まりこんじゃうマイナスネジで
留めてあって外すのに大き目のマイナスドライバー必須。
埋まりこんじゃうのでコインで代用も不可だし、
ありがちなマルチツールとかのドライバーじゃサイズ不足。
ネジは完全に外れる上に小さいので紛失の危険大。
TOで慌てて交換、なんて状況ではかなり危険。
電池寿命200時間で、4005みたいに年1交換とかじゃ
済まないのでそういう状況は十分予想できる。

フタ周り取っ替えるか電源周り本気でいじるか悩んで
ひとまずナベ小ネジM3x8とワッシャで軽く締めて
留めてみる事にした(純正はマイナスのM3x6)。
出っ張ってるので指で押さえて回せるし、
ホームセンターで入手可能なのでネジ無くしても平気。
まあ手で緩む強さで締める以上、うっかり外れる事も
あり得るけど、それでフタ落として無くしでもしたら
その時は本気で魔改造に手を染めるって事で(;´Д`)


■ウルセー!!!!www

起動音も上昇/下降音もやたらピコピコと小ウルセー。
要するに「音階バリオ」なんだと思うんだけど、
多段階過ぎるのか鳴る度に音が違って落ち着かない。
きっちりコアトレースして、一定速度で上昇すれば
同じ音が鳴り続けるのか?
うーん、精進します(´・ω・`)

(10/23追記。
最新のファームウェア&設定ツールを使えば上昇/沈下率毎に
音階・音長・間隔をフルカスタマイズ可能になった。
用意されてるベース設定も悪くなかったし、
2回りほど大人しくイジってみたらかなり良さ気。
……ってこれでネガ要素ほぼなくなっちった(´・ω・`))

ちなみに今の浜名湖の講習生はこれ(=DIGIFLY)が
デフォらしい。
……サーマルが嫌いにならなきゃいいが(;´Д`)


とまあクセの強いバリオだけど、なんとか使いこなして
いこーと思います。
……少なくともブログのネタにはなりそうだし(´・ω・`)
posted by ABS at 00:00| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテム・買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/130952050
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。