2009年03月28日

ブレークトグル交換

PRO-DESIGN SENSOR

SENSOR使用例

PRO-DESIGN社のボール型ブレークトグル。
数号前のパラワールドで紹介されてて、
写真見た瞬間「一目惚れ」してダイブ気味に発注。

とりあえずグラハンした感じ、操作感は良さ気。
購入動機は「指への負荷の軽減と分散」なんで
「負荷がキツいくらい長時間」飛んでみないと
真価は分からんのだけど、そんだけ飛べるのは
一体いつの事やら(;´д`)


詳細

別に純正トグルが壊れた訳でも問題あった訳でもなく
完全に趣味での交換。


基本構成はボールグリップ+長めのベルト。
利点としては、色んな持ち方ができて
しかも持ち方による操作感の変化が少ないから
頻繁に持ち替えて負荷を分散出来る事。
ブレークテンションが大半ボールに掛かって、
ベルトに手や指通しても締め付けられない事。

SENSOR

細部の造りもなかなか凝ってる。
ブレークコードのねじれを防ぐための、
取り付け部のヨリモドシは当然の様に装備。
ベルトは単純な輪ではなくテーパー掛かってて
ご親切に「こっちから手を入れれ」のプリント付で
指定通りに腕を入れると良い感じにフィットする。
ライザーに留めるスナップは横に少し出していて
リバースに構えた状態でトグルを上に引いた時
取れやすい様になっている。
最初、左右を逆に取り付けたせいでやたら取り難く
「要らん加工しやがって」と愚痴ってたのは内緒。


ライザーへの取り付けは、スナップと磁石の2択。
発注時には何も聞かれずデフォらしいスナップ型が
送られてきた。
GOLDEN2が適合するサイズのスナップでよかったけど。
FACTORにも適合したんで「標準サイズ」なのかね?

これから試そうって物好きな方で使用機のトグルが
磁石留めの方はご注意を(´・ω・`)b
つかマグネットだと形やらサイズやら極性やら
色々だから、合わない事が多そうね。
本家サイトには「ダメなら自分で何とかすれ」的な
記述あり。


ネガ要素はまず価格。
このSENSORが\7800。バータイプのSPORTだと\8600。
丁寧な造りを考慮してもちと高いよなぁ。
オイラ自身は既に気に入ってるから問題ないけど、
他人にはとても勧められん(´・ω・`)


あと当然ながら少しデカくて重い事。
テンション掛かった状態でパッと手を離すと、
リバウンドでどっか吹っ飛んでったりするし、
しまう時も注意しないとラインが絡みまくる。
ライズアップ時にAライザーと一緒に持つには
ボールが地味に邪魔臭い。
カメラ手に持って空撮とかもしにくいかも。


ベルトを素直に握ると長くてしかも伸びるんで
全然効かないのはまあ「仕様」かね。
積極操作したい時はちゃんとボール持て、と。



イントラにも問題ない事確認してもらったんで
あとは飛びながらセッティングじゃね。
どう持っても操作感が大きく変わらない分、
ちゃんとセッティング出さないと。
posted by ABS at 21:56| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | パラグライダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。