2006年01月02日

GR D&ウィンドマスター

年末買ったったー'sを実戦投入したので評価してみる。


まずGR DIGITAL。

ボディは文句なし。持ち易い使い易い。
ゴム軍手付けた状態で取り出して電源入れて撮影、が
簡単に出来る。
片手撮影でも小さ過ぎず右手のグリップの形がいいので
ひどい手振れにはならない。

レンズもOK。
画角28mmはやはり自然で使い易い。スナップには最高。
山に持ち出して風景をパノラマちっくに撮るには
微妙に物足りないけど、それはまあ贅沢じゃろう。
周辺部の畳や柱もちゃんと真っ直ぐ写る。
銀塩GRオーナーに言わせると逆に周辺部まで
「ちゃんと写り過ぎてつまらん」らしいけど。
オイラが多用するつもりのパンフォーカス撮影だと
手前から遠景まで十分な解像感。
マクロでピンポイントに合わせればそれなりに
カリカリ感も出るし前後は綺麗にボケる。

レスポンスは概ね良い感じ。
起動は速いし、撮影もパンフォーカスであれば一瞬。


微妙にイマイチなのがAFとADJダイヤル。
特にマクロでのAFは使い物にならん感じ。
マクロでAFなんか使うなよ、って言われそうだけど
フォーカスリングじゃないMFって嫌いなんだよぉ。
ADJダイヤルはおバカ過ぎ。
ダイヤルプッシュで起動>ダイヤルで機能選択>
十字ボタンで値選択>OKで決定。
あっちこっち指動かさなきゃいけないんで
ものすごく煩雑に感じる。
これなら普通のメニュー>十字>okの方がマシ。
折角のプッシュ可能なダイヤルなんだから、
クルクル>ピッピ……の繰り返しで操作できるように
してくれよぅ。
ただこの辺はほとんどパンフォーカスしか使わない
オイラ的にはどちらも我慢出来る部分。

はっきり気に入らないのはCCD。
1/1.8インチ830万画素、って時点で予想してた通り、
少し厳しい条件だと暗部が結構カラフル。
アレもコレも写り込む&写し込みたい広角機だけに痛い。

て事で、GRを名乗る高級多機能コンパクトとしては
やや微妙なのかもしんないけど、オイラの求める
広角パンフォーカス機としてはほぼ合格、という評価。
CCDが5〜600万画素でその分広ラティチュードなら
満点だったんだけど。


そしてウィンドマスター。

……風速センサー微妙かも……。
2m/s位の風がないとなかなかプロペラが回らない。
一度回れば弱い風でも計測できる様なんだけど。

温度センサーも少なくとも素腕にしてる限りダメぽい。
初日の出前の標高400mで20.0℃とかありえんて。
腕から伝わる熱を拾っちゃってるんだろうなぁ。


GR DIGITALはほぼ期待通りなんで、バシバシ使えそう。
ウィンドマスターは、腕じゃなくレッグベルト辺りに
付けて対気速度計&温度計としてなら使えるかなぁ。
posted by ABS at 22:16| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | アイテム・買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

パンフォーカス
Excerpt: パンフォーカスパンフォーカスとは、レンズの被写界深度を利用し、近距離から遠距離までピントを合わせる方法。広角レンズを使い、絞り (光学)|絞りを絞ることで、手元から無限遠までフォーカスフリーで撮影する..
Weblog: カメラ好き人間
Tracked: 2006-01-12 06:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。