2005年12月12日

KINGの凱旋


世界クラブ選手権1回戦第2試合
シドニーFC(オーストラリア) 0−1 サプリサ(コスタリカ)

前半、前評判高かったサプリサの動きがよくなく、
カズの所属するシドニーが中盤を完全に支配。
ただ最終ラインではDFにキッチリ跳ね返され
いくつかあった決定機もGKの神セーブ等で決めきれず。

逆に後半開始直後、サプリサのラッシュで撃沈。
失点後はなかなか流れを掴めず、選手交代によって
一時は流れを取り戻すものの退場者が出て失速。
パワープレイに頼るもサッカーの神は微笑まず、
0−1のまま試合終了。

W杯で2回、そして欧州CL1回、呪われてるかの様に
ギリギリで出場機会を逃してきた"KING"カズが
ようやく掴んだ世界の舞台。
試合の結果も内容も自身のパフォーマンスも、
カズ本人にとっては決して満足の行くものでは
なかったかもしれないけど、オイラ的には
1点ビハインドの終盤、相手側ゴールキックの
ボールを脇に抱えてダッシュでセットに行く
ドーハ組お約束のあの姿を世界の舞台で
見れただけでちと満足だったり。
ゴール後あれやると怒られる無粋な新ルールが
怨めしい(;´Д`)

posted by ABS at 22:13| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10610661

この記事へのトラックバック

トヨタカップでシドニーFC惜敗
Excerpt: オセアニア代表シドニーFCVS北中米代表サプリサの トヨタカップの試合でカズの居るシドニーFCが負けた
Weblog: 芸能&スポーツ瓦版
Tracked: 2005-12-13 14:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。